転職などの環境の変化についての

ペット業界への転職で求められること

転職などの環境の変化についての ペット業界も昔に比べると随分と多様化してきました。昔であればペットショップで犬、猫、うさぎや小鳥を売るくらいが仕事でしたが、今ではペットの美容師であるトリマー、カウンセリングに動物を用いるペットカウンセラー、ペットが死んでしまった時のお墓を提供する葬儀社、など多方面に展開しています。このように見ると、ペット業界への転職というのはサービス業的な仕事が多いです。特にペットのお墓を提供している葬儀社などは、人間で言えば冠婚葬祭サービスの事業者と同じようなものです。最近では飼い主さんが死んだ時に一緒に入れるお墓を販売しているところもあります。トリマーに関しては人間が髪をセットしてもらう美容院のサービスと同じです。

ペット業界へ転職するときには、まずは動物が好きでたまらないというくらいの愛情レベルが必要です。もしくは、動物のために何かしたい、動物の生命を助けたい、といった動機でも良いかもしれません。好きなことは続けられるものです。仮にペットショップで働くとしたら、その後同じ仕事を続けていくつもりなのか、もしくはこの経験を生かして動物病院などで働くのか、なども併せて考えておくと将来的にも安心につながります。

Copyright (C)2022転職などの環境の変化についての.All rights reserved.